ワークショップで外国人を呼びたいとお考えの方へ

  • 日本でワークショップをやりたいが、ビザが取れるか判断がつかず困っている。
  • ワークショップとコンサートを1回の来日で両方やる予定だが、どのビザを取ればよいのかわからない。
  • ビザ取得の手続きのやり方がわからない、また書類作成に割く時間がない

外国人の先生を招いて、フラダンスや楽器演奏などを直接教わるワークショップの機会を設けることは、多くのスタジオや楽器店で企画されていると思います。

また、来日公演時に同時にワークショップを計画される主催者様もいらっしゃるかと思います。

ワークショップの先生として外国人を日本へ招へいする

その際、

  • 興行ビザを取るのか
  • 芸術ビザを取るのか
  • 短期滞在でいいのか
  • 資格外活動許可が必要か
  • そもそも興行ビザや芸術ビザを取れるのか

といった点で判断がつかないことも多くあります。また、

  • 興行を手掛ける主催者とワークショップを企画している団体が違っている場合はどうするのか
  • 報酬が両方を合わせて定めている場合はどうすればいいのか
  • 報酬が発生しない場合はどうなるのか

といった点で迷われる方も多いです。

小さいスタジオや楽器店では、会社組織でないことも多く、それではビザが取れないと他の業者から言われた、とご相談に来るお客様もいらっしゃいます。

またご担当者様の中には、ビザ申請の知識は十分お持ちでも、入国管理局へ行って実際の手続きをするための時間が取れない、来日までとにかく時間がないので一刻も早く手続きを進めたいという場合もあるかと思います。

ワークショップ開催に伴う外国人招へいをサポート

当事務所では、このような外国人を招へいしてワークショップを開催するために芸術ビザを取得したい担当者様や興行ビザと芸術ビザ、文化活動ビザの混合型での来日の対応でお困りのお客様からのご相談を頂き、これまでに多数のビザ申請のご相談を承ってまいりました。

周りからこのケースではビザが取れないと言われて困っている、どうやって書類を揃えたらいいかわからない、来日まで時間がない、入国管理局がどこにあるかもわからず行くことに抵抗を感じる、といったワークショップのための芸術ビザでお困りの担当者様は、一度ご相談いただければと思います。

ワークショップのための芸術ビザ取得サポート

当事務所では、ワークショップのための芸術ビザの申請につき、必要な諸手続を代行させていただくサービスを提供しています。

ワークショップ開催時のビザに関するご相談
適切な在留資格認定証明書申請の書類作成・必要書類の収集(実費別途)
入国管理局への申請
入管からの質問・追加書類への作成
在留資格認定証明書受取りからお客様への引き渡しまで
申請者の海外での査証(ビザ)申請サポート

報酬額

電話・メールでの相談 無料
面談での相談 1回5,000円     ※
※ 正式にご依頼頂ければ無料となります。

電話・面談では、許可の可能性、当事務所にご依頼いただいた場合の流れなどについてご説明します。細かな必要書類や個別具体的な不安点の疑問にはお答えしかねることもございますので、ご了承ください。

在留資格認定証明書交付許可申請

お1人目 10万円(税抜)

よくご説明をして納得していただいた上で、業務に着手します。

着手金として50%、許可後に実費と合わせて残り50%をお支払いいただきます。

グループでの招へい、同一イベントで複数グループの招へいの場合は、別途お見積もりします。

資格外活動許可

お1人 30,000円(税抜)

グループ割引がございます。複数人の招へいはお見積りしますのでご相談ください。

お手続きの流れ

お問い合わせ 本HPお問い合わせフォーム、電話、メールなどでお問い合わせください。ご指定の場所まで伺います。
ご相談 計画しているイベントの詳細を伺い、今回の来日ではどのビザが適切か、ビザが取れる要件が満たされているかなどを確認してまいります。メール、電話でのご相談は無料です。面談での相談は、ご依頼いただければ無料、ご相談のみの場合は1回5000円いただきます。

電話・面談では、許可の可能性、当事務所にご依頼いただいた場合の流れなどについてご説明します。細かな必要書類や個別具体的な不安点の疑問にはお答えしかねることもございますので、ご了承ください。

申請書類の準備 お見積もりと今後の流れをご説明の上、着手金をお支払いいただくと業務に着手いたします。必要書類をご案内し、代理で取得が可能なものは実費で代行します。お客様にインタビューした内容をもとに当事務所で招へい理由書を作成します。また、必要に応じて予算書、来日予定表、チラシなどの作成のお手伝いもいたします。
入国管理局に申請 作成した書類に押印、サインをいただいたものを提出します。当事務所は、申請取次の資格を持った行政書士事務所ですので、お客様は基本的に申請の間、入管に出向く必要はございません。
入国管理局からの質問や追加書類への対応 審査中に入管から質問、追加書類の通知などがあった場合、当事務所で対応いたします。
在留資格認定証明書の受け取り 在留資格認定証明書の許可が下り次第、入管から受け取ります。受け取り次第、迅速にお客様へ引き渡します。

ビザ取得までに必要な日数

概ね1ヶ月から2ヶ月程度かかります。

ワークショップ開催に伴う外国人招へいサポートの概要は以上になりますが、わかりにくいところや「ウチの場合、招へいできる?」といったご質問などございましたら、メール・お電話にてご相談ください。

まずはお電話・メールでの無料相談で、外国人の雇用や就労ビザ、国内への招へい等のお悩みをお聞かせください。

お話を伺った後、外国人の雇用や招へいに関して直接のご相談を希望される場合は、日時・場所の調整をいたします。

直接相談の後、外国人雇用・招へいに関する各種代行サービスをご希望の際は、ご依頼の後、業務に着手いたします。

電話・メールでの相談は無料にて承っております。ご都合のよい方法でご連絡ください。直接相談(有料)をご希望の方は、お電話・メールでご予約ください。

お電話での相談をご希望の方
メールでの相談をご希望の方

メール相談は、返信にお時間を頂戴する場合がございます。お急ぎの方は電話相談をご活用ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

ご希望の連絡先 (必須)
メールに返信電話に連絡どちらでも可

メッセージ本文

ページトップへ戻る