外国人の就職ビザの申請でお困りの方へ

  • 外国人留学生を採用したが、「留学」からのビザ変更手続きが、よくわからない
  • 就職が決まったが、会社がビザの変更に協力してくれず、困っている。
  • 採用した学生がどの在留資格で変更申請をすればいいか、判断がつかず困っている

初めて外国人を採用することになった企業様や、就職が決まった外国人留学生の方には、上記のような就職に関するビザの問題でお困りのことも多いのではないでしょうか。

外国人雇用に伴う就職ビザの変更手続き

確かに、「留学」から就職ビザ(就労ビザ)への変更の手続きは、揃えなくてはいけない書類も多く、どの在留資格で申請すればいいのか、判断がつかないことも多くございます。

就職の決まった留学生のビザ変更の手続きは、4月からの就職であれば12月1日から受付が開始されます。そのため、11月中旬から書類収集・申請書作成の準備をし、提出後1~2か月後に審査の結果が通知されてきます。

外国人の採用は決まっても就職ビザが不許可になる危険

しかし、それはあくまで「許可が見込まれるハガキ」で、正式な許可(新しい就労資格での在留カードの発行)は、正式に卒業し「卒業証明書」を受け取ってからになります。

その間の書類の準備や流れなどは、専門的な知識がないと、何度も入管に足を運ぶことになったり、申請内容を慎重に検討しないと最悪採用(就職)は決まっても、就職ビザが不許可になる可能性もあります。

従事する業務内容や本人の学歴などを確認し、就職ビザを正しい在留資格で申請するのは難しいものです。

入国管理局の混雑による申請の困難

またご担当者様の中には、就職に関するビザの知識は十分お持ちでも、大量の申請書類を作成したり、実際に入国管理局へ行って申請をする時間が取れないという方も多いと思います。

入国管理局は、2~5月にかけての新年度をまたぐ時期は申請数も大変に多く、常に混雑状態にあり、1回の手続きで半日以上もかかってしまうこともあります。

外国人留学生の採用等を支援

当事務所では、このような外国人留学生の採用や留学生の就職に関してお困りのお客様からご相談を頂き、これまでに多数の就職ビザ変更申請の代行を行ってまいりました

また、就職の決まった留学生だけでなく、就職活動中のための「特定活動」ビザへの切り替えでお困りの方へのサポートも行っております。

就職ビザの相談

外国人留学生のビザの切り替えでお困りの採用担当者様や、就職にあたってビザの変更でお困りの留学生の方は、お気軽にご相談、お問い合わせください。(電話・メールでのご相談は原則無料です)

外国人社員の就職ビザ変更サポート

当事務所では、外国人の就職に伴う就職ビザの変更申請につき、必要な諸手続を代行させていただくサービスを提供しています。

サービスに含まれる内容

外国人留学生の新規採用に関するご相談・就職ビザのご相談
留学ビザから就労系ビザ申請の書類収集・申請書作成
(代理取得が可能なものは実費で取得のお手伝いをいたします。)
入国管理局への申請
(基本的にお客様にご同行いただく必要はありません。)
入国管理局からの追加書類通知、質問への対応
許可ハガキの受取り
(卒業証明書が発行されるまで当所で保管します。)
在留カードの受取り
(基本的にお客様にご同行いただく必要はありません。卒業証明書、パスポート、在留カードを改めてお預かりし、受け取りに参ります。)
新しい在留カードのお引渡し

報酬額の目安

内容 着手金(税抜) 完了後(税抜)
在留資格変更申請 40,000円 40,000円

上場企業様、その他同規模の企業様が、同時に複数申請する場合は割引がございます。

別途お見積もりいたしますので、お電話・メールにてご相談ください。

その他の実費

報酬額の他、就職ビザへの変更完了までには、以下の実費が別途かかります。

収入印紙 4,000円
郵送、書類取得 500円~2,000円低度

就職ビザへの変更手続きの流れ

お問い合わせ 本ホームページお問い合わせフォームもしくはお電話でお問い合わせください。
メール、お電話、面談での打ち合わせ ご本人の学歴、在学中の学校の詳細、御社の職務内容、就労条件、御社の財務状況等を確認します。また、今後のお手続きについてご説明いたします。
お申込み 業務内容、報酬について充分納得していただいたのち、お申込みいただきます。着手に当たっては、見積金額の50%のご入金をいただきます。
書類作成 会社の規模に合わせて、必要な書類をご案内します。必要書類の収集、申請書類の作成を行います。
入国管理局へ申請 御社に署名、押印いただいた申請書類及び添付書類を提出します。申請時には一度申請者(外国人)の方のパスポート、在留カードをお預かりしますが、申請後いったん返却いたします。基本的に、お客さまは入国管理局に行く必要はございません。
追加提出書類
質問への対応
審査中に追加提出書類通知、質問が来た場合対応いたします。
許可ハガキの受取り 入国管理局より許可ハガキが当事務所に来ます。卒業証明書が出るまでは当所で保管します。
新しい在留カードの受取り 卒業証明書が発行されたら、再度パスポート、現在の在留カードをお預かりし、新しい在留カードの受取りに参ります。その際にもお客さまは入国管理局に行く必要はございません。
お引渡し 新しい在留カードをお預かりしたパスポート等と合わせてお引渡しします。

就職ビザの取得までに必要な日数

在留資格変更申請 1~2か月

ご相談について

以上ご案内しました就職ビザ(就労ビザ)に関するご質問・ご相談は、随時承っております。

相談料について

電話・メールでの相談 無料
面談での相談 5,000円(1回)※
※面談での相談後、正式にご依頼頂いた場合は、報酬額から相談料を差し引かせていただきます。

メール・電話でのご相談は原則無料ですので、外国人採用等による就職ビザの手続きでお困りの方、また採用が決まったものの就職ビザへの変更でお悩みの留学生の方は、まずはメール・お電話にてご相談ください。

まずはお電話・メールでの無料相談で、外国人の雇用や就労ビザ、国内への招へい等のお悩みをお聞かせください。

お話を伺った後、外国人の雇用や招へいに関して直接のご相談を希望される場合は、日時・場所の調整をいたします。

直接相談の後、外国人雇用・招へいに関する各種代行サービスをご希望の際は、ご依頼の後、業務に着手いたします。

電話・メールでの相談は無料にて承っております。ご都合のよい方法でご連絡ください。直接相談(有料)をご希望の方は、お電話・メールでご予約ください。

お電話での相談をご希望の方
メールでの相談をご希望の方

メール相談は、返信にお時間を頂戴する場合がございます。お急ぎの方は電話相談をご活用ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

ご希望の連絡先 (必須)
メールに返信電話に連絡どちらでも可

メッセージ本文

ページトップへ戻る